帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

English

教員氏名 久保田 彰 (准教授)
くぼた あきら  
所属講座等 獣医学研究部門 基礎獣医学分野 機能学系
動物・食品検査診断センター 毒性解析分野(兼)
主に担当する教育ユニット・分野 獣医学ユニット
卒業研究を受け入れる教育ユニット すべての教育ユニット
受け入れ可能な学生数 各学年2名程度
専門分野 毒性学、環境化学、異物代謝学
主な研究テーマ 1.化学物質の有害性評価と毒性発現機構の解明
2.化学物質に対する感受性の種差に関する比較毒性学的研究
3.タンチョウの異物代謝能・生態防御機構に関する研究
4.シトクロムP450の生理学的・毒性学的役割および発現制御機構の解明
5.粗飼料におけるカビ毒汚染の調査研究
学位 博士(農学)
関連産業分野 医・薬・獣医学、環境科学、食の安全に関する産業
連絡先 (TEL) 0155-49-5386
(E-mail)akubota@
研究分野 化学物質の有害性評価と毒性発現機構、化学物質感受性の種差、動物種固有の異物代謝能・生体防御機構の解明
共同研究 愛媛大学、酪農学園大学、釧路市動物園、ウッズホール海洋研究所、カロリンスカ研究所など
シーズ 化学物質の標的分子の探索、化学物質の毒性発現機構に関する研究、環境影響評価、医薬品の安全性評価
キーワード 環境毒性、発生毒性、化学物質相互作用、シトクロムP450、核内受容体、ゼブラフィッシュ、野生動物、タンチョウ、感受性、リスク評価
卒業研究として指導可能なテーマ・領域  毒性学研究室では主に化学物質曝露に対する生物の応答について研究しています。基本的には、上記の研究テーマ1~5に関連する内容であれば卒業研究として指導することが可能です。現在は主にゼブラフィッシュという小型魚を魚類とヒト健康影響のモデル動物として、化学物質の有害性評価と毒性発現機構の解明という課題に力を入れて取り組んでいます。また進化学的・生態学的に重要な生物種を対象として、化学物質に対する生体防御に重要な遺伝子(核内受容体や異物代謝酵素など)の遺伝情報を明らかにし、それらのタンパク質の機能解析を行うことで、化学物質感受性の種差を規定する因子について研究しています。こうした研究の対象種として、古代魚であるポリプテルスやハイギョなどを用いています。最近では、釧路市動物園と共同で、我が国の特別天然記念物であるタンチョウを対象として、種固有の異物代謝能や生体防御機構を明らかにする研究を展開しています。こうした研究をとおして投薬プロトコルを的確に決定し、タンチョウの保護活動へ貢献することを目指しています。
自己紹介と学生へのメッセージ 毒性学研究室の活動の詳細についてはホームページをご覧ください。

[略歴] (CV)
2003年 愛媛大学大学院連合農学研究科博士課程(日本学術振興会特別研究員DC)
2006年 愛媛大学大学院連合農学研究科博士課程修了
2006年 愛媛大学沿岸環境科学研究センター(研究機関研究員)
2007年 酪農学園大学獣医学部(日本学術振興会特別研究員PD)
2009年 Woods Hole Oceanographic Institution(日本学術振興会海外特別研究員など)
2014年 帯広畜産大学畜産衛生学研究部門食品衛生学分野 准教授

[自己紹介]
 出身は神奈川県秦野市で、2014年3月に帯広畜産大学に着任しました。学生時代、人為起源の化学物質による環境汚染とそれが一要因と考えられる野生動物の疾病などについて学び、化学物質に対する生物の応答機構を明らかにしたいという想いで研究者の道を志しました。それ以来、一貫して環境毒性学研究を行っています。大学院時代は、主として環境化学物質による野生動物の汚染とその影響に関する研究に取り組んできました。フィールドに出て動物を採材するところから始まり、試料の調製、分析、結果の考察、論文執筆までの一連の流れを経験しました。博士研究員時代は、主にゼブラフィッシュを用いて化学物質曝露による生体影響とその分子機構について研究を進めてきました。
 海外での経験について少し触れますと、米国マサチューセッツ州にあるウッズホール海洋研究所というところで5年間、博士研究員として研究に従事しました。当初は生活面・研究面ともに苦労の連続で、2年半(当初の滞在予定期間)もやっていけるのかと思っていましたが、恵まれた環境でラボメンバーとともに研究を行っていくうちに、もう少しここで続けたいと思うようになりました。恵まれた環境というのは単に設備的な意味だけではありません。私のメンターは環境毒性学分野のパイオニア的存在で、世界各国から研究者が集まってくるような状況がありました。論文でよく見かける重鎮だったり新進気鋭の若手だったり、そうした研究者との交流がモチベーションとなりました。またこのような交流が共同研究に結び付いた例も少なからずあります。こうして築いた人的ネットワークは自分にとって大きな財産となりました。

[メッセージ]
 本学の学生さんには、自然界・生命の現象に幅広い見識を持つということと、興味を持ったテーマを集中的に掘り下げること、この両面にバランスよく柔軟に向き合うことで、確固とした哲学を持ちつつ物事を俯瞰する能力を養ってほしいと思います。こうした努力を続けることで、毒性学に限らず様々な分野において、学際性・専門性の高い研究に取り組むための素地をつくることができると思います。
 毒性学研究室ではとくに研究職志望の学生さんを歓迎します。生命科学的アプローチによる毒性学研究に興味を持った方であればユニットは問いません。「こういう研究がやりたいけどできるか」とか「研究者として将来海外で研鑽を積みたいけど何から始めたらよいか」などありましたら気軽にお問い合わせください。
研究活動の紹介 Read研究会開発支援ディレクトリより
ファイルの最終更新日 平成28年12月26日

 

前ページに戻る