帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

English

教員氏名 古林 与志安 (教授)
こばやし よしやす   
所属講座等 グローバルアグロメディシン研究センター(研究域 獣医学研究部門 臨床獣医学分野)
主に担当する教育ユニット・分野 獣医学ユニット
卒業研究を受け入れる教育ユニット 獣医学(その他のユニットでも部分的に指導することは可能)
受け入れ可能な学生数 2~3人程度
専門分野 獣医病理学
主な研究テーマ 家畜病理学(自然発生疾患に対する病理学的研究,および種々の疾患に関する実験病理学的・分子病理学的研究)
学位 博士(獣医学)
関連産業分野 酪農(大動物臨床)・小動物臨床・診断法開発・疾患モデル解析
連絡先 (TEL) 0155-49-5362
(FAX) 0155-49-5364
(E-mail)kyoshi@
研究分野 ・動物の自然発生疾患の病理診断
・動物の自然発生疾患の病理学的研究
・病理診断への分子生物学的手法の応用
・パピローマウイルス関連疾患の病態解明
・原虫感染症に関する実験病理学的研究
・周産期疾患に関する実験病理学的研究
・消化管毒性種差に関する実験病理学的研究
共同研究 ・自然発生疾患の病態解明
・種々の実験・研究の病態解析
シーズ ・病理診断
・病理診断法
・疾患モデル解析
キーワード 獣医・疾患・病理・診断
自然発生疾患の病態解明とそれを通じた間接的な社会貢献
卒業研究として指導可能なテーマ・領域 卒業研究として指導可能なテーマ・領域
・自然発生疾患に対する病理学的研究(組織学的,組織化学的,免疫組織学的,超微形態学的,および分子生物学的手法を利用)
・実験病理学的研究(組織学的,組織化学的,免疫組織学的,超微形態学的,および分子生物学的手法を利用)
・その他,形態学に基本を置く研究

[実際の研究テーマ]
(1) 動物の自然発生疾患の病理学的研究
1)新規(或いは稀有)疾患に関する症例研究
2)新規(或いは稀有)疾患に関する病理発生機序解析
・ DNA 造腫瘍ウイルス関連疾患の解析と新規原因ウイルスの同定
・ 牛粘膜病-下痢症ウイルス関連新規疾患の解析  など
(2) 病理診断への分子生物学的手法の応用
種々の感染症に対する分子病理学的診断法の確立  など
(3) 各種疾患に関する実験病理学的研究
学内外の基礎・臨床研究分野の多くの先生と共同研究を行っています。
自己紹介と学生へのメッセージ [自己紹介]
・兵庫県龍野市(現在は,平成の大合併により,たつの市)出身
・鳥取大学農学部獣医学科,北海道大学大学院獣医学研究科,北海道大学医学部(日本学術振興会特別研究員)を経て,帯広畜産大学に助教として赴任し,現在に至る

[メッセージ]
  卒業研究指導を行うことになった場合,病理学に関する知識の拡充のため,卒業研究のテーマに限定することなく,自然例を対象とした病理検索を広く行っていただきます。
  その上で,1)それら症例を利用し,未知の疾患や既知の疾患の未解明の事象を解明するための研究,2)得られた知見などから,未解明の事象を実験病理学的に解明するための研究,あるいは3)上記研究テーマの中から本人が興味を持てるものなどを卒業研究として決定します。
  病理学的な知識の拡充は,経験症例数と深く掘り下げて考えた症例数に依存して深まるものと考えています。従って,知識の拡充にはそれなりの忙しさが随伴します。将来,獣医病理学分野で働くことを希望している方のみならず,その他の分野で働くことを希望されている方にも財産になると思いますので,病理学に興味があり,やる気のある方(知識欲,探求欲)のある方は是非研究室を訪ねてみて下さい。
研究活動の紹介 Read研究会開発支援ディレクトリより
ファイルの最終更新日 平成21年11月13日

 

前ページに戻る