帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

English

教員氏名 木下 幹朗(教授)
きのした みきお   
所属講座等 生命・食料科学研究部門 食品科学分野 食品加工利用学系
主に担当する教育ユニット・分野 食品科学ユニット
卒業研究を受け入れる教育ユニット 生命科学,家畜生産科学,食品科学,環境農学
受け入れ可能な学生数 6名程度(大西教授と合わせて)
専門分野 食品機能学,脂質生化学,細胞生物学
主な研究テーマ  食事性スフィンゴ脂質による大腸ガン制御の可能性の検討
 異種生物の脂質代謝関連遺伝子導入による産業動物の肉質の改善に関する研究
学位 博士(農学)
関連産業分野 食品産業
連絡先 (TEL) 0155-49-5545
(FAX) 0155-49-5549
(E-mail)kinosita@
研究分野 ・食品分析
・脂質生化学
・発ガン予防
・血管細胞生物学
共同研究 ・植物由来脂質不飽和化遺伝子導入による産業動物の高品質化
・スフィンゴ脂質の食品機能性に関する研究
シーズ ・食品機能性素材の開発
・機能性脂質の検索(細胞レベル,動物レベル)
キーワード 脂質・食品・大腸ガン
健康長寿につながる食品の開発
卒業研究として指導可能なテーマ・領域 ・動植物および微生物の脂質に関する,構造・代謝・機能に関する研究
・食品等からの生体内抗酸化成分の探索およびそのメカニズムに関する研究
 (たとえば,赤ワイン等について現在進行中)
・脂質代謝関連遺伝子に関する研究
自己紹介と学生へのメッセージ  木下 幹朗 講師 東京都出身 博士 (農学) 1995年3月 東北大学
 帯広畜産大学畜産学部1989年3月卒,同大学大学院農産化学専攻修士課程1991年3月修,東北大学大学院農学研究科食糧化学専攻博士後期課程1995年3月修,1995年9月厚生省国立循環器病センター研究所 科学技術特別研究員,1998年9月岡崎国立共同研究機構基礎生物学研究所 非常勤・特別協力研究員,1999年10月帯広畜産大学畜産学部助教

学生へのメッセージ
 研究室は大西教授と共同で運営しています。(食品・生物機能化学研究室)
 履修しておくべき科目;生化学,分析化学,有機化学関連科目および食品化学を履修し,しっかり理解しておくことが望ましい。なお,セミナーは主に最新の学術論文(英語)を紹介するので,英語の学習もしっかりしておいて下さい。

一言
 卒業研究で,もがいてみたい方を歓迎します。また,自ら考える癖を付けておいて下さい。 
 大学院進学希望者を歓迎します。
研究活動の紹介 Read研究会開発支援ディレクトリより
ファイルの最終更新日 平成24年11月14日

 

前ページに戻る