帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

English

教員氏名 五十嵐 郁男 (教授)
いがらし いくお 
所属講座等 原虫病研究センター  高度診断学分野,国際監視学分野(兼)
主に担当する教育ユニット・分野 獣医
卒業研究を受け入れる教育ユニット 獣医,食品科学
受け入れ可能な学生数 高度診断学分野として1学年3人程度
専門分野 原虫病診断学
主な研究テーマ 原虫病の診断法の開発,バベシア原虫のレセプター・リガンドの検索同定,バベシア原虫ゲノム解析
学位 医学博士
関連産業分野 獣医学
連絡先 (TEL) 0155-49-5641
(FAX) 0155-49-5643
(E-mail)igarcpmi@
研究分野 ・原虫病の診断法の開発
・バベシア原虫の赤血球への侵入機構
共同研究 ・ウマバベシア診断法の開発
・イヌバベシア診断法の開発
・ウマ,ウシバベシア原虫ゲノム解析
シーズ ・簡易診断法の開発
・培養による抗原虫薬のスクリーニング
キーワード 原虫・診断・培養
原虫病制圧による国内外への貢献
卒業研究として指導可能なテーマ・領域  高度診断学分野では,原虫病を正確に迅速に診断する方法を開発し,その後の治療・予防対策に役立て,また疫学的調査の実施や海外からの原虫病の侵入を阻止することを目的としている。
1.バベシア原虫培養法の検討
  我が国で初めてウシやウマバベシア原虫の試験管内連続培養法を確立し,形態学的および生化学的研究,治療効果の評価に有効な原虫の培養システムを開発に応用している。また,培養法を用いて原虫を検出する確定診断も行っている。
2.バベシア原虫の侵入・増殖機構の検討
  バベシア原虫が赤血球に侵入する機構や赤血球内の原虫の増殖・分裂に関する機構の解明を進めており,新しい薬剤やワクチン開発のための基礎的な検討も行っている。
3.原虫感染症の診断法の開発
  各種原虫の遺伝子解析により,血清診断に有効な原虫抗原の遺伝子を探している。この遺伝子情報から,組み換え原虫抗原を用いた簡便で迅速な血清診断法の開発,遺伝子診断に役立てている。また,開発した診断法を用いて世界規模で原虫感染症の汚染状況の把握に努めている。
自己紹介と学生へのメッセージ  帯広畜産大学獣医学科卒業後,同修士課程でトキソプラズマ,群馬大学大学院博士課程でマラリアについて研究を行い,以後赤血球内寄生原虫バベシアを中心に研究を行っている。この間,アメリカへの留学,国際協力事業団(JICA)の専門家としてアルゼンチンなど海外生活を経験している。原虫病研究センターでは教員の他に,博士号を持った研究員,大学院生,JICAの研修員が一体となって研究を行っており,学部学生もその一員となって研究活動に積極的に参加している。原虫の培養に必要なウシ,ウマの血液を得るためにこれらの動物の世話も必要ですが,外国人が多いのでどの国の人とも友達になれる性格の明るい人材を求めている。獣医学科の学生はもちろん,原虫に興味のある畜産科学科の学生も大歓迎です。
研究活動の紹介 Read研究会開発支援ディレクトリより
ファイルの最終更新日 平成24年10月25日

 

前ページに戻る