帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

English

教員氏名 保坂 和良(特任教授)
ほさか かずよし   
所属講座等 地域連携推進センター 
バレイショ遺伝資源開発学講座
専門分野 バレイショ遺伝育種学
主な研究テーマ ・栽培バレイショの起原と進化
・メキシコ産野生6倍種における倍数性進化の遺伝学的意義
・2倍体バレイショにおける自殖弱勢と雑種強勢
学位 学術博士
関連産業分野 十勝の農業・バレイショ育種
連絡先 総合研究棟2号館306号室
(TEL) 0155-49-5494
(FAX) 0155-49-5577
(E-mail)spudman@
研究分野  バレイショには100〜200種くらいの野生種が知られ、南米アンデスからメキシコ高地にかけ、さまざまな気候風土で育ち病害虫とも共存し今日に至っている。栽培種とも近縁で自然に雑種ができるものも少なくない。これら野生種や栽培種が過去どのように進化してきたのかを明らかにするとともに、これからどのように進化(改良)させれば良いのか、遺伝学的にアプローチする。
共同研究 ・小粒バレイショを作る品種を育成し商品化する
・無農薬・無肥料栽培に適したバレイショ品種の育成
キーワード バレイショ・ゲノム・遺伝育種・起原・進化・野生種
20年後には、スーパーでは男爵薯やメークインに代わり、新たな品種が並んでいたら良いなあ〜。
自己紹介  私の学生時代の最後になってパソコンが登場しました。それまでは、Fortranというコンピューター言語を使って、カード1枚に穿孔機で穴を開けて1行分のコマンドやデータを作っていました。おかげで研究室ホームページはHTML言語で自前で作っています。いろいろな情報をホームページ(http://www.obihiro.ac.jp/~Potato/)で発信していますので是非訪れてください。
研究活動の紹介 Read研究会開発支援ディレクトリより
ファイルの最終更新日 平成30年4月24日

 

前ページに戻る