帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

English

教員氏名 萩谷 功一(准教授)
はぎや こういち  
所属講座等 生命・食料科学研究部門 家畜生産科学分野 生命科学系
主に担当する教育ユニット・分野 家畜生産科学ユニット 
卒業研究を受け入れる教育ユニット 全てのユニット
受け入れ可能な学生数 3名程度
専門分野 家畜育種学
主な研究テーマ 主に乳牛を対象とした統計遺伝的手法による遺伝的改良に関する研究
学位 博士(農学)
関連産業分野 農業,畜産,酪農
連絡先 (TEL) 0155-49-5410
(FAX) 0155-49-5414
(E-mail)hagiya@
研究分野 家畜(主に乳牛)の育種改良
共同研究 牛群検定システムの改善と普及
乳牛の後代検定システムの検討
乳牛の遺伝評価モデルの開発
シーズ 家畜の遺伝評価法
乳牛の長命性
キーワード 家畜,乳牛,家畜育種
酪農産業の発展に貢献できる人材を送り出すこと
卒業研究として指導可能なテーマ・領域 乳牛の生産性向上のための遺伝的改良技術の応用
乳牛の遺伝評価技術向上に関する研究
雌牛の暑熱ストレス,疾病など,酪農家がかかえる問題を打開するための検討
自己紹介と学生へのメッセージ 酪農産業が発展するためには、コストをできるだけ増やさずに牛乳の生産性を高めることが重要です。そのためには、牛舎や搾乳施設の改善、飼料の品質や生産性の向上、遺伝的に優れた乳牛を見つけ出してたくさんの子孫を生産する技術、乳牛の健康を維持する技術など、さまざまな取り組みが必要です。それらの中で、遺伝的に優れた乳牛を正確に見つけ出し、効果的に子孫を生産する仕組みを開発・応用することが私の専門です。
研究室では、乳牛の泌乳記録、体型審査記録、繁殖情報、疾病の記録や血統情報を使用し、統計解析技術による乳牛改良に関する研究をしています。これらは、乳量、乳脂量、体型的な特徴など、一頭一頭の乳牛からの膨大な記録です。このような情報を解析するためには、コンピュータを使用してデータを処理する必要があります。
家畜育種学の知識と技術は、国内の乳牛改良に関わる産業で必要とされることから、家畜育種学を学んだ先輩の多くが、卒業後、関連機関(ホルスタイン登録協会、家畜人工授精団体など)で活躍しています。家畜育種学分野の研究をするためには、特に遺伝学、統計学、コンピュータ科学の知識が必要です。
研究活動の紹介 Read研究会開発支援ディレクトリより
ファイルの最終更新日 平成27年1月28日

 

前ページに戻る