帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

English

教員氏名 後藤 達彦(助教)
ごとう たつひこ   
所属講座等 グローバルアグロメディシン研究センター(研究域 生命・食料科学研究部門)
主に担当する教育ユニット・分野 家畜生産科学ユニット
卒業研究を受け入れる教育ユニット 家畜生命科学、家畜生産科学
受け入れ可能な学生数 3名程度
専門分野 動物遺伝育種学、応用動物科学
主な研究テーマ 家畜動物が示す様々な表現型の多様性を制御する遺伝的機構を理解するための研究

1.『ニワトリの遺伝形質(産卵数・卵サイズ・卵殻色など)に関する遺伝解析』:ニワトリが示す、生産性や品質などに関与する遺伝子座の位置を明らかにする。それらが、どのような遺伝的機構によって制御されているのかといった概要を理解する。

2.『家畜動物の集団ゲノム解析』:複数集団の全ゲノム情報を利用して、それぞれの集団においてのみ認められる、ゲノム上の特徴を明らかにする。例えば、生産性などの表現型の特徴が大きく異なる集団間において、有意に異なるゲノム領域を見つけていく。

3.『動物の家畜化に関するゲノム解析』:家畜動物の複数品種およびその野生原種などのゲノム情報を比較して、家畜化の過程で変化してきた遺伝的変異を探索する。

4.『ウシの遺伝形質(肉質・乳成分など)に関する遺伝解析』:口田圭吾先生および萩谷功一先生と共に研究内容を相談・検討中。
学位 博士(農学)
関連産業分野 畜産分野
連絡先 (TEL) 0155-49-5426
(E-mail)tats.goto@
(URL)http://researchmap.jp/tatsuhikogoto/
研究分野 動物遺伝育種学、分子生物学、バイオインフォマティクス、神経科学
共同研究 【ノッティンガム大学】「イギリス在来ニワトリ品種の全ゲノム情報を用いた卵殻色の遺伝解析」
キーワード 遺伝学、ゲノム、ニワトリ、表現型、バリエーション、ゲノミクス、マッピング、遺伝子、家畜化、行動
様々な表現型の多様性を制御している遺伝子群を同定し、複雑な遺伝的機構の理解を深めること。
畜産現場に応用可能な研究成果を発信すること。
将来、様々な分野で活躍する人材を世に送り出すこと。
卒業研究として指導可能なテーマ・領域 家畜動物が示す様々な表現型に着目した遺伝解析およびゲノム解析。
自己紹介と学生へのメッセージ 岐阜県岐阜市出身。

<略歴>
2002.04-2006.03 宮崎大学農学部 学士
2006.04-2008.03 広島大学大学院 生物圏科学研究科 博士課程前期 修士
2008.04-2011.03 広島大学大学院 生物圏科学研究科 博士課程後期 博士(農学)
2011.04-2013.04 国立遺伝学研究所 融合プロジェクト研究員
2013.05-2016.03 茨城大学農学部 産学官連携コーディネータ(非常勤講師)
2016.03-2016.09 The University of Nottingham 日本学術振興会海外特別研究員
2016.10- 帯広畜産大学 助教

<学生へのメッセージ>
 「畜産」の研究は、食を支える重要なものであり、その研究成果は現行の「畜産」への応用に直結する可能性をもった、発展性のある楽しい研究です。私は、家畜動物が示す表現型の多様性に関わる遺伝的機構の理解を進めることによって、将来的には、その成果を「畜産」現場にかえしていけるような研究を続けていきたいと考えています。

 若い時期には、それまでに自分が見たこともないような世界に思い切って飛び込んでいって、新しいものを学んでいくという姿勢はとても大事なことです。何事も前向きに捉えて、毎年毎年チャレンジを続けていき、一人の人間としての幅を広げていくことは、自分の将来の様々な段階において、必ず役に立ちます。大学を卒業・修了して社会に出た後には、世のため人のために役に立てるような仕事に就くことになると思います。そのためにも、学生のみなさんには、今しかできない、ココでしかできない、将来を見据えた大学生活を送られることを期待しています。

 短期間になるかもしれませんが、まだ世界中の誰も知らない新しい発見ができる、最先端の研究の世界に入ってみませんか?多くの先人たちが書き残した書物を読み、課題・疑問を解き明かし、後世のために書き残す、といった研究のサイクルを通して、自分の将来に役立つ、多くのものを学んで欲しいです。

 研究についての質問があれば、気軽にご連絡ください。研究に限らず、何かに熱意をもっている学生を歓迎します。
研究活動の紹介 Read研究会開発支援ディレクトリより
ファイルの最終更新日 平成28年10月

 

前ページに戻る