帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

English

教員氏名 福田 健二 (准教授)
ふくだ けんじ  
所属講座等 グローバルアグロメディシン研究センター(研究域 生命・食料科学研究部門)
主に担当する教育ユニット・分野 畜産食品科学ユニット
卒業研究を受け入れる教育ユニット 生命化学,食品科学,環境農学
受け入れ可能な学生数 5人
専門分野 分子酵素学
主な研究テーマ 乳肉のプロテオーム解析,糖質関連酵素の機能解析  
学位 博士(農学)
関連産業分野 糖質関連産業
連絡先 (E-mail)fuku@
研究分野 ・ウシ由来糖転移酵素の研究
・初乳・ウシ乳腺上皮細胞のプロテオーム解析
・初乳蛋白質・ペプチドの研究
・乳酸菌由来細胞外多糖合成酵素の研究
・乳酸菌由来蛋白質分解酵素の研究
共同研究 ・試料中蛋白質およびペプチドの分離・分析
シーズ ・新規機能性蛋白質・ペプチドの単離
・新規機能性オリゴ糖の合成
キーワード ・糖質関連酵素,プロテオミクス,酵素合成
・酵素研究を中心として,未解明の生命現象を明らかにする
・のんびり地に足のついた暮らしをする
卒業研究として指導可能なテーマ・領域 1.ウシ初乳・脳組織を中心とする乳肉のプロテオーム解析
2.ミルクオリゴ糖の合成・分解に関与する酵素の機能解析
3.食中毒原因菌の生産する毒素蛋白質に関する研究
4.食肉乳中に見出されるアレルゲン物質に関する研究
自己紹介と学生へのメッセージ 自己紹介:
 これまでは微生物や植物由来の糖質関連酵素あるいは蛋白質性インヒビターを材料として,遺伝子工学的手法に基づき変異体を作成し,機能解析ならびに蛋白質間相互作用解析などを行ってきました。帯広畜産大学食肉乳衛生学講座では,食肉に含まれる蛋白質を中心に分子レベルの研究を行い,「食の安全」に寄与したいと考えています。

メッセージ:
 当講座は「生物科学の最先端の知見と手法を駆使して,人類の健やかな生活に寄与する安全で優れた畜産食品を安定的に供給し,さらに効率的活用を図るために,原材料から加工,さらに製品の摂取に至るまでの全ての工程で危害を及ぼす可能性のある微生物,人口化合物等の分析,制御,管理方法および生体応答の実際について総合的に教育・研究を行う」ことを目的としており,対象領域が広範です。この分野に関する知識を身につけたい,また蛋白質に興味があり研究の対象としてみたい方は,一度気軽に研究室までお越しください。

研究活動の紹介 Read研究会開発支援ディレクトリより
ファイルの最終更新日 平成24年11月7日

 

前ページに戻る