帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

English

教員氏名 暮地本 宙己(特任准教授)
ぼちもと ひろき  
1
所属講座等 保健管理センター
主に担当する教育ユニット・分野 食品科学ユニット
卒業研究を受け入れる教育ユニット 熱意をもって計画的に研究に取り組める方であれば、いずれの教育ユニットからも受け入れが可能です。
受け入れ可能な学生数 1〜2名
専門分野 医学
主な研究テーマ 正常な生体機能維持と破綻のメカニズムの統合的理解
学位 博士(医学)
関連産業分野 医学、医療関連分野
連絡先 (TEL)0155-49-5315
(FAX)0155-49-5317
(E-mail)botimoto@
研究分野 1. メンタルヘルス・サポートを指向した予防医学的研究
2. 健康増進に向けた健診・診療データ分析による疫学的研究
3. 検体・生体組織に対する顕微鏡などの分析機器を用いた検査法の研究
共同研究 旭川医科大学など
シーズ ・健診および心理テストデータ解析による新規尺度基準の探索
・顕微鏡を用いた検査法の開発・応用と疾患診断治療への展開
キーワード 医学、医療、メンタルヘルス、顕微鏡、検査法
長期的には、宇宙環境におけるメンタルヘルス・サポートや生体機能保持についての研究に関わっていきたいですです。
卒業研究として指導可能なテーマ・領域 生体組織に対する顕微鏡を用いた研究に携わって頂きます。研究内容は適宜相談に応じます。
自己紹介と学生へのメッセージ 北海道出身
2006年3月 旭川医科大学医学部医学科卒業、医師免許取得
2008年3月 札幌徳洲会病院初期研修修了
2012年3月 旭川医科大学大学院医学系研究科博士過程修了、博士(医学)取得
2012年4月から2017年3月まで旭川医科大学解剖学講座顕微解剖学分野 助教
2017年4月より帯広畜産大学保健管理センター特任准教授として着任

初期研修医を終えた後、旭川医科大学で大学院時代も含め9年間お世話になり、電子顕微鏡などを用いた基礎医学研究を行ってきました。今回初めて帯広に住むことになり、新天地での生活にワクワクしながら、毎日を家族と一緒に楽しく過ごさせてもらっています。
本学ではメンタルヘルスや健診データに関する分析研究や、顕微鏡を用いた検査法の研究を主に行っていく予定です。学生の皆さんとは、顕微鏡を使った研究を一緒に行いたいと思っています 。
興味をお持ちの方がいらっしゃいましたら、いつでも気軽に保健管理センターに相談に来てください。お待ちしております 。
研究活動の紹介 Read研究会開発支援ディレクトリより
ファイルの最終更新日 平成29年5月19日

 

前ページに戻る