帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

English

教員氏名 秋本 正博(准教授)
あきもと まさひろ  
所属講座等 環境農学研究部門 植物生産科学分野 植物生産科学系
主に担当する教育ユニット・分野 環境農学ユニット
卒業研究を受け入れる教育ユニット 環境農学,生命科学
その他のユニットもテーマによっては受け入れ可
受け入れ可能な学生数 3名程度
専門分野及び主な研究テーマ 植物育種学:食用作物,および飼料作物の遺伝的な特性の改良。
進化遺伝学:DNAマーカー等を用いた植物の進化経路の解析。集団の遺伝構造の解析。
生態遺伝学:植物の生命現象の生態学的・遺伝学的解析。植物の環境適応性の解析。
植物遺伝資源学:食料や飼料としての利用が期待できる有用植物の探索と特性評価,保護。
学位 博士(農学)
関連産業分野 飼料・作物育種
連絡先 (TEL) 0155-49-5480
(FAX) 0155-49-5489
(E-mail)akimoto@
研究分野 ・有用植物遺伝資源の評価および利用
・作物の生活史特性の生態遺伝学的解析
共同研究 ・牧草の一年生/多年生生活史に関する遺伝機構の解明
シーズ ・地域環境に適応した優良飼料作物の育成
キーワード 飼料作物・遺伝資源・作物育種・生態遺伝
日本における食料の安定自給
卒業研究として指導可能なテーマ・領域 植物は絶え間ない進化の営みの中で,自らの子孫繁栄のために環境への適応をおしはかっています。進化のメカニズムを理解することは植物の生き様そのものを理解することであり,得られた知見は作物を改良する際や,作物を新しい栽培環境に適応させる際の有用な情報になると期待できます。私は,環境への適応のために植物がどのような進化的なメカニズムを発揮しているかを生態学,および遺伝学の立場から研究しています。そして,それに沿った内容の卒業研究を指導しています。
―このテーマに関する卒業研究の例―
・物理的ストレスを受けたイネの生長特性変化に関する遺伝学的研究(畜大だより No.123 参照)
・生育環境が植物のアレロパシー(他感作用)能力におよぼす影響について
・Lolium属牧草の永続性を支配する遺伝的要因の解析
・アカゲ科穀類「キヌア」の系統分類関係の解明

 「これからの時代,いかに作物の生産性を向上させていくか?」
この問題に対し,われわれはふたつの答えを見出せます。ひとつは,既存の作物に対し,品種改良や栽培環境の改善を行い,更なる増収を期待することです。もうひとつは,優れた形質(寒さや乾燥に強いなど)を持つ有用な植物を新たに発見し実用化することで,今まで耕作が行えなかった地域での作物生産を可能にすることです。私は,後者の立場に重点を置き,将来北海道地方への導入が期待できる有用な栽培植物や野生植物の探索・特性評価を行っています。また,有用ながら絶滅が危惧される植物については,その保護・保存管理法の確立について研究を行っています。これら一連のテーマに沿った卒業研究も指導を行っています。

―このテーマに関する卒業研究の例―
・雑草防除用緑肥として利用が可能な有用草本植物の探索
・飼料イネの品種育成に向けたイネ遺伝資源の探索
・稀少雑穀類の特性評価,および北海道地方への適応性評価
・栽培植物との自然交雑による野生植物の遺伝的浸食に関する研究

研究指導の条件:特にないですが,統計学はしっかりと勉強しておいてください。
自己紹介と学生へのメッセージ  1970年生まれ,群馬県の前橋出身です。もともと高校生までは文系のクラスにいたのですが,気が付いたら作物を扱う身になっていました。最近は年に2,3回ほど,指導している学生たちとフルマラソンの大会に参加しています。タイムは野口みずきの2倍近くかかります。

<学生へ>
日曜日のありがたさが分かるくらい,平日は一所懸命学んでください。マイペースということと,自分を甘やかすことを混同しないよう,自分に対する厳しさを持ち続けてください。
研究活動の紹介 Read研究会開発支援ディレクトリより
ファイルの最終更新日 平成24年11月20日

 

前ページに戻る