帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

大学院畜産学研究科 畜産生命科学専攻

 成熟化した国際社会における畜産で重視される動物福祉や環境保全を踏まえ,1) 家畜の生産性向上を中心とした家畜の生理機構および畜産周辺環境とのかかわりに関する基礎から応用までの分野,および2)自然環境の構成員(動物,昆虫,植物)の役割・機能,相互作用,畜産環境とのかかわりおよび生態系の保全に関する分野の研究・教育を行います。生体内部のミクロレベル,個体および群れを対象としたマクロレベル,さらに周辺環境を含めた広範囲な生命科学的研究領域から学ぶことによって,家畜とその周辺環境を総合的に理解し,畜産科学や環境科学およびその関連分野への多角的な貢献ができる人材を養成します。
本専攻は以下の2つのコースからなっています。

家畜生産科学コース

 生命科学の進歩と生産技術の進化は畜産をより高度な産業へと変化させました。また,世 界的レベルでの環境・食糧問題や経済・貿易問題は,良質なタンパク生産技術として有史以前から人類の生業であった畜産を大きく変えつつあります。
 本コースでは,家畜の生体機能,育種,繁殖,栄養,管理などの畜産専門科目を中心に,環境,経済,食糧などの最新知識を提供します。さらに実習や演習,研究活動を通して思考力,応用力を鍛えることで,様々な状況に柔軟に対応できる,これからの農畜産業を担って行く,幅広い知識を備えた専門職業人を育成します。

   

環境生態学コース

 本コースでは,北海道の豊かな自然環境および広大な農畜産環境を対象に、様々な生態学 の研究分野(群集生態学・景観生態学・行動生態学・分子生態学・保全生態学など)および環境適応を主題とした生命科学について教育を行います。生命と環境の関係を広い視野から多角的に捉え,その複雑かつ多様な機構を理解し,さらに,環境の保全と管理について科学的に熟慮・提案することができる社会的に有用な人材を育成することを目的とします。

教員組織

家畜生産科学コース
職名
教員氏名
専門分野
教授 桑 山 秀 人 家畜肥育学
教授 日 高   智 家畜生体機能学
教授 手 塚 雅 文 生殖生理学
教授 古 村 圭 子 泌乳生理学・家畜管理学
准教授 花 田 正 明 草地学・家畜飼養学
准教授 松 長 延 吉 反芻動物栄養生理学
准教授 Tomas Acosta 家畜生産獣医学・家畜繁殖学
准教授 萩 谷 功 一 家畜育種学
講師 瀬 尾 哲 也 家畜行動学・家畜管理学
助教 村 西 由 紀 発生生物学
特任助教 齋 藤 朋 子 馬学・家畜管理学
環境生態学コース
職名
教員氏名
専門分野
教授 岩 佐 光 啓 昆虫分類学・環境昆虫学
教授 後 藤   健 光生物学
教授 栁 川   久 野生動物管理学
教授 門 平 睦 代 獣医疫学・予防医学
教授 押 田 龍 夫 野生動物学
准教授 橋 本   靖 環境微生物学・菌学
准教授 熊 野 了 州 昆虫生態学
助教 佐 藤 雅 俊 植生学・植物生態学
助教 小 山 耕 平 植物生態学
助教 赤 坂 卓 美 保全生態学

 

前ページに戻る