帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

大学院畜産学研究科 食品科学専攻

     

 食生活の高度化が進む中,食品科学の役割が益々重要になっていることを踏まえ,食品の一次機能を基礎に,二次機能を主眼とする食品加工・利用学分野と三次機能を主眼とする食品機能科学分野の高度な知識と技能を習得することを目標とします。有機化学,生物化学,微生物学,分子生物学を基礎として,食品科学に関する高度な知識と技能を理解し,農畜産物へのバイオプロセスの応用や食品成分の生体に及ぼす機能性を解明できる人材を養成します。
 本専攻は以下の2つのコースからなっています。

食品科学コース

 本コースでは,食品の一次機能を基礎に,二次機能を主眼とする食品加工・利用学分野の高度な知識と技能の習得を目標とします。即ち,乳・乳製品や食肉・食肉製品を含む畜産物の理化学的性質,その加工品の製造技術と安全性,農産物の貯蔵中の生理と品質,各種農産物の加工法,品質評価,最新加工技術,並びに農畜産食品に含まれる栄養素の化学と栄養性,生体調節機能や健康機能性について,食品加工・利用学に関する高度な教育と研究を行います。
 また,食品の一次機能を基礎に,三次機能を主眼とする食品機能科学分野の高度な知識と技能の習得を目標とします。即ち,食品成分の特性や醸造・発酵などの微生物機能を利用した食料・有用物質生産への応用,健康の維持・増進に関する食品成分の生体調節機能とその作用機序,機能性評価法の開発,遺伝子組換え食品の現状と展望,並びに長寿社会に向けた疾患予防について,食品機能科学に関する高度な教育と研究を行います。

教員組織

食品科学コース
職名
教員氏名
専門分野
教授 福 島 道 広 栄養生化学
教授 小 疇   浩 食品工学
教授 山 内 宏 昭 食品工学
教授 小 嶋 道 之 生物化学
教授 大和田 琢 二 応用微生物学
教授 小 田 有 二 食品微生物学
教授 木 下 幹 朗 食品機能学
准教授 島 田 謙一郎 食肉科学
准教授 中 村   正 畜産利用学
准教授 韓   圭 鎬 栄養生化学
准教授 得 字 圭 彦 分子生物学
助教 折 笠 善 丈 微生物利用学
助教 山 下 慎 司 食品機能学

 

前ページに戻る