帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

動物医療センター

 本学の動物医療センターは,動物医療センター,臨床獣医学研究部門,大動物特殊疾病研究センターおよび畜産フィールド科学センター教員によって,一般外来患畜のほか,畜産フィールド科学センター患畜の診療を行っており,教育病院として診断・治療を通して学部学生や大学院生などの臨床実習や学術研究が行われています。

 年間の取り扱い診療頭数は下記のとおり,他大学と比較して牛馬など大動物の占める割合がきわめて高いのも大きな特色です。

平成20年度診療頭数

区分
大中動物
小動物
その他
小計
その他 小計
診療頭数 221 2,476 5 2,702 3,304 510 2 3,816 6,518

 

産業動物総合画像診断車 この車は,世界唯一であり乳牛の消化管を主体とするX線透視検査やX線撮影検査,超音波検査や心電心音図検査などを行うことが可能で,北海道各地の牛舎を巡回して乳牛の健康診断を実施しています。車両の重量は約18t,全長12mで,牛を1頭ずつ後部から入れて検査を行います。

動物医療センター診療案内

 

前ページに戻る