獣医学研究部門

獣医学研究部門

本研究部門は基礎獣医学分野(形態学系、機能学系、応用獣医学系)と臨床獣医学分野(伴侶動物獣医療学系、産業動物獣医療学系)で構成され、獣医学が対象とする広範な研究領域のテーマに関して、基礎、応用、臨床の観点から総合的にアプローチし、分子レベルから個体、さらに個体群レベルでの研究を推進している。

基礎獣医学分野

本分野では、動物が有する生命の基本原理と様々な疾患にみられる生物学的事象を総合的に科学する。健康な動物の生命現象に関わる基礎的研究を推進するとともに、自然界の環境変化や環境汚染物質が動物にもたらす現象の解明や、種々の動物にみられる疾患の診断・病態の解明、感染症疾患の原因となる病原体との相互作用について、診断・予防法を含め研究を行う。

臨床獣医学分野

家族や社会の一員として位置づけられる犬・猫をはじめとする伴侶動物では、専門性の高い先進的な獣医療が強く望まれ、それらを提供できる獣医師が求められている。また、産業動物の獣医療では、生産病対策や繁殖障害対策による生産性の向上、動物由来感染症の予防や蔓延防止が重要な課題であり、それを支える獣医師が求められている。獣医療に対するこのような社会的要望に応えるべく、本分野では個体並びに集団における各種疾患の発生原因、機序および病態を臨床学的かつ学術的に解明するとともに、より高度な予防・診断・治療技術の構築を目的として関連部門と連携して研究を行う。

教員一覧