帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

帯広畜産大学評価ポリシー

     帯広畜産大学は、知の創造と実践によって実学の学風を発展させ、「食を支え、くらしを守る」人材の育成を通じて、地域及び国際社会に貢献することをミッションとしている。
     このミッションの達成には、すべての教育研究活動および関連業務について、Plan
    (計画)、Do (実行)、Check (点検)、Action (処置)から成るサイクルを繰り返すという継続的な改善が必須となる。
     そこで、大学の質保証システムを維持・向上させるために、以下のような方針で自己点検・評価を行うこととする。

  1. 自己点検・評価は、本学が定めた中期目標・中期計画および年度計画を照らし合わせ、エビデンスをもとに行うことを基本とし、大学内の各部局で実施する。
  2. 各部局での自己点検・評価結果は、教育推進本部、研究推進本部または国際化推進本部に提出し、その内容について精査する。
  3.     
  4. 自己点検・評価結果および各推進本部からの意見・助言等をもとに、各部局ではさらなる改善・改革を着実に推進する。
  5.  
  6. これらの活動については、客観性および透明性を確保するための評価を実施し、その結果について積極的に公表する。

前ページに戻る