帯広畜産大学

情報公開

大学の教育研究上の目的に関すること

学部の目的
学術文化の中心として広く知識を授けるとともに深く専門の学芸を教授研究し,国家社会に寄与し得る人材の育成につとめ,あわせて産業の興隆と文化の進展に貢献することを目的とする。

(畜産学部)

・共同獣医学課程は,獣医・農畜産融合の視点から,動物生命・生産・管理に秀でた獣医師の養成を目的とする。

・畜産科学課程は,獣医・農畜産融合の視点から,農場から食卓まで生命・食料・環境を科学し,農畜産の幅広い分野で活躍する専門職業人の育成を目的とする。

大学院の目的
学術の理論及び応用を教授研究し,その深奥をきわめ,又は高度の専門性が求められる職業を担うための深い学識及び卓越した能力を培い,文化の進展に寄与することを目的とする。

(大学院畜産学研究科)

 修士課程

・畜産生命科学専攻は,成熟化した国際社会における畜産で重視される動物福祉や環境保全を踏まえ,家畜の生産性向上を中心とした家畜の生理機構および畜産周辺環境とのかかわりに関する基礎から応用までの分野,および自然環境の構成員(動物,昆虫,植物)の役割・機能,相互作用,畜産環境とのかかわりおよび生態系の保全に関する分野の研究・教育を行い,生体内部のミクロレベル,個体及び群れを対象としたマクロレベル,さらに周囲環境を含めた広範囲な生命科学的研究領域から学ぶことによって,家畜とその周囲環境を総合的に理解し,畜産科学や環境科学およびその関連分野への多角的な貢献ができる人材を養成することを目的とする。

・食品科学専攻は,食生活の高度化が進む中,食品科学の役割が益々重要になっていることを 踏まえ,食品の一次機能を基礎に,二次機能を主眼とする食品加工・利用学分野と三次機能を主眼とする食品機能科学分野の高度な知識と技能を習得させる。有機化学,生物化学,微生物学,分子生物学を基礎として,食品科学に関する高度な知識と技能を理解し,農畜産物へのバイオプロセスの応用や食品成分の生体に及ぼす機能性を解明できる人材を養成することを目的とする。

・資源環境農学専攻は,食料問題がクローズアップされる中,先進国において著しく食料自給率の低いわが国において,食料基地と位置づけられる北海道十勝地域の資源を利用し,食料の生産性向上を支えるための高度な知識と技能を修得させる。持続可能な物質循環や地域資源を踏まえ,植物の生理・生態・遺伝や土壌に関する高度な知識をもとに植物生産の量的・質的向上を図る人材や,機械的・生物学的手法や土木技術手法に関する高度な知識をもとに食料生産環境を改善する人材,さらに,食料生産に関わる経済学や経営学の高度な知識をもとに食料生産を経営・経済的に維持発展させることのできる人材を養成することを目的とする。

 博士課程

・畜産衛生学専攻は,「食の安全」に関する高度な専門知識と優れた応用力を生かして,独創的かつ先駆的な研究を遂行し得る国際競争力のある研究者及び確かな教育研究能力を有する大学教員並びに社会の多様な方面で活躍できる高度技術者を養成し,国際社会における食肉乳安全監視による社会の繁栄に寄与することを目的とする。

 

前ページに戻る