帯広畜産大学

企業の皆様へ

学術指導

 企業等からの委託を受けて、本学の教員が依存の研究成果や専門知識に基づき指導及び助言(学術指導)を行い、企業等の業務又は活動を支援するものです。

【1】学術指導の実施について

 学術指導の実施には、国立大学法人帯広畜産大学学術指導取扱規程により規定された、以下の条件があります。

  • 原則として、本学教員の職務と同一又は職務の範囲にあると認められるもの
  • 企業等の都合により、一方的に中止することはできない
  • 学術指導の結果生じた知的財産権のうち、特許権等は、本学教員の寄与分を本学に帰属すること
  • 学術指導の対価を所定の期日までに納付すること

【2】学術指導に要する経費について

 学術指導に要する経費は以下のとおりとなります。なお、原則として、学術指導に要する経費は前納とし、返還されません。

 ① 学術指導料   :1時間当たり1万円以上(税抜)
 ② ①の消費税相当額
 ③ その他必要経費 :消耗品費、旅費等指導に必要な費用

なお、①のうち30%は間接経費として受入れます。

【3】手続きの流れ

1.委託したい教員の選定、内容の事前協議、申込書の提出

 学術指導を委託したい教員を、研究シーズ集を参考にご検討ください。適当な教員が見つからない場合は、地域連携推進センターまでご連絡ください。
 委託したい教員が決まりましたら、本学教員及び担当者と、内容について協議を行い、申込書を提出してください。

2.契約の締結

 本学は、【1】に記載された条件を満たす場合、受入を決定します。受入決定がなされた後、企業等の契約担当様と、本学担当との間で、契約書(案)について検討・協議の上、契約書を作成します。双方、押印の完了をもって、契約締結となります。

3.経費の支払

 契約締結後、本学が発行する請求書により、所定の納付期限迄に学術指導料等を納付いただきます。

4.学術指導の完了報告

 学術指導完了後、報告書を提出していただきます。

【4】様式のダウンロード


お問い合わせ先

委託内容、教員選定に係るご相談

地域連携推進センター

e-mail : crcenter@obihiro.ac.jp
phone : 0155-49-5786・5829
fax : 0155-49-5775

 

申請・契約手続きに関するご相談

研究支援課

e-mail : kenkyu@obihiro.ac.jp
phone : 0155-49-5342・5288
fax : 0155-49-5289

前ページに戻る