帯広畜産大学

企業の皆様へ

受託研究

受託研究は、大学が外部から委託を受け、特定の課題について委託業務として行う研究で、受託研究に要する経費は委託者が負担します。
なお、その研究成果については、委託者に報告されます。
また、受入れは、本学の教育研究上有意義で、かつ、本来の教育研究に支障を及ぼすおそれがない場合に限ります。

1. 受託研究の受入について

受託研究の受入には、以下の条件が付されます。なお、複数機関や複数年度での研究とすることも可能です。

  • 受託研究は、委託者が一方的に中止することはできません。
  • 受託研究の結果、知的財産権の権利が生じた場合には、これを無償で使用させ、又は譲与することはできません。
  • 受託研究に要する経費及び受託研究に要する経費により取得した設備等は、返還されません。
  • やむを得ない理由により受託研究を中止し、又はその期間を延長する場合においても、その責を負いません。

2. 受託研究に要する経費について

受託研究に要する経費は、「直接経費」と「間接経費」の2種類があり、委託者が当該受託研究の開始前に納付することとしております。
なお、原則として、受託研究に要する経費は返還されません。

直接経費

受託研究遂行のために必要な経費に相当するもの。
(例)謝金、旅費、研究支援者等の人件費、設備費など。

間接経費

受託研究遂行に関連し、直接経費以外に必要となる経費で、直接経費の30%に相当する額を標準としています。

3. 手続きの流れ

【1】研究内容の事前協議、申請書の提出

研究開始予定の1ヶ月前までに受託研究申込書を本学・研究支援課研究企画係まで提出願います。

【2】受入の決定

受託研究の申込を受け、学長は、「1.受託研究の受入について」に掲げた4つの要件を満たす場合に、受入を決定します。

【3】契約書の協議~締結

受入決定がなされた後、民間企業等の契約担当様と、本学担当との間で、契約書(案)について検討・協議の上、契約書を作成します。
双方、押印の完了をもって、契約締結となります。

【4】経費の支払

契約締結後、本学が発行する請求書により、所定の納付期限迄に研究費を納付いただきます。

【5】研究の完了報告

研究完了後、受託者に対し、研究担当者より、研究成果が報告されます。

(参考)フローチャート図

(参考)フローチャート図
[拡大図]

3. 知的財産権の帰属について

研究支援課研究企画係までお問い合わせください。

4. 様式のダウンロード

関連リンク

【参考】受入実績

【参考】受入実績
[拡大図]

前ページに戻る