朝日新聞編集局「声」担当様

クローン人間の尊厳

 

クローン人間作成に名乗りをあげる人物が現われた。米国で禁止されるなら、よその国で行うという。技術がそこまで進んでいるとは思わないが、本誌1月24日付社説が結ぶように「議論抜きの現実追認は、もう許されない」。

クローン人間作成は「人間の尊厳に反する」が、それは、社説が主張する「進化の歴史に逆行する」ためでも「環境の変化に弱い集団をつくり出す」ためでもない。社説を呑めば医療・福祉全般が人間の尊厳に反してしまうだろう。

両親がどのような思いで男女の営みを行ったにせよ、誕生したのが他ならぬ私であったという事実は、両親の意図を遥かに超えた「有り難い」天文学的偶然の出来事である。この宇宙で一つだけの、しかも一回限りの生命として、私の存在は永遠の謎、神秘なのだ。人間存在のこの超人為性=神聖性のために、人間は全人格として対等であり、他者の意図から完全に自由であるという尊厳を与えられる。

クローン人間作成とは、この超人為性や神秘性を全面的に剥奪することによってクローン人間を冒涜する行為なのである。(人間が真の(唯一無二の)創造物であるのに対し、クローン人間は少なくともその誕生までは代替可能な模造品である。この模造品を作ることは、その遺伝子を好きなように操作して模造を「改良」することと全く同等である。つまり、おもちゃにされているわけだ。)男女愛の結実という契機をもたぬ、というもう一つ重要な障害もあるが、この点だけからもクローン人間作成は許されない。

 

以上、声欄に投書します(本文、499字。括弧内は補足。削って構いません)。

クローン人間作成のどこが悪いのか、最も肝腎な論点がわが国では指摘されていないように思います。ご検討のほどよろしくお願いいたします。

***補足説明***

(1)朝日新聞社社説とクリントン大統領
 社説は次のように論じている:
 「(前略) クローンは二つの性を必要とせず、一方の性から子どもが生まれるという点で、他の生殖技術とは決定的に違う。
 自然には絶対生まれるはずのない「生まれ年の違う双生児」を人為的につくり出すことは認められるのか。
 生物は単細胞として誕生し、やがて両親の遺伝子をミックスして、多様な子孫を残せるしくみをつくり出した。片親の遺伝子と同じ遺伝子の子をつくることは、こうした進化の歴史に逆行し、環境の変化に弱い集団をつくり出すことでもある。それはやはり、人の道にもとると考えられる。
 だからこそ、国連教育科学文化機関(ユネスコ)も、米国政府や欧州会議、日本の科学技術会議も、こぞってクローン人間づくりを「人間の尊厳に反する行為」とし、許されないと宣言したのである。
 (中略)新しい医療技術は、動物実験で十分に安全性を確かめてからでないと、人間に応用してはならない。この一般原則からいっても、クローン人間は許されない。
 (中略)さまざまな生殖技術がなし崩し的に広まっているのが日本である。議論抜きの現実追認は、もう許されない。」(強調と下線は引用者)

 この社説によれば、クローン人間作成が「人間の尊厳に反する行為」であることの基本的理由は、それが「こうした進化の歴史に逆行し、環境の変化に弱い集団をつくり出すことでもある」点にある。世界の各機関も、この理由のために「人間の尊厳に反する行為」とした、とされる。

 しかし、このような理由を、ヒューマニズムに立脚した世界の各機関が主張するはずがなく、とんだ言いがかりをつけられたようなものだ。
 例えば、クリントン大統領の声明(97年6月9日)は次のように述べている。

    Banning human cloning reflects our humanity. It is the right thing to do. Creating a child through this new method calls into question our most fundamental beliefs. It has the potential to threaten the sacred family bonds at the very core of our ideals and our society. At its worst, it could lead to misguided and malevolent attempts to select certain traits, even to create certain kind of children -- to make our children objects rather than cherished individuals.
    (クローン人間作成を禁止することは我々の人間性であり、そうすることが正しいのだ。この新技術によって子どもを創ることは我々の基本的な信条を揺るがすのである。何故ならば、我々の理想と社会のまさに中核において、クローン人間作成は神聖な家族の絆を脅かすからである。また、その最も許されない点は、それが間違った悪意ある試みをもたらす可能性があることなのである。すなわち、特定の遺伝形質を選抜したり、特定の子どもを創ったりする危険性である。こうしたことは、人間の子どもを大事な個人として遇する代わりに、物体(対象)として扱うことなのである。)(下線と和訳は引用者)
 クリントン大統領が特別に高潔な人物である、とは誰もが思っていない。だが、この声明の引用箇所には、人間愛と人間の尊厳に対する確かな理解が表明されている。これが、欧米人の常識なのだろう。
 ただし、creating a child through this new method のcreatingはproduingとかmakingに置き換えるべきだろう。createは創る(創造する)ことだが、新技術が行うのは「作る、造る」ことだからだ。「新技術」は「新技術」を「創る」ことによって生まれるが、新技術によって生まれるのは「代替可能」で「大量生産可能な」モノにされてしまった人間である。
 これに引き換え、朝日の社説は「人間の尊厳に反する」という主張とは裏腹に、「環境の変化に弱い集団をつくり出す」ことが悪なのであると理由付けることによって、逆に反ヒューマニズムを宣言してしまったのである。国民の良識をリードしなくてはいけない大手新聞社がこのような社説を発表するとは、とても嘆かわしい。(クローン人間に関する朝日新聞の記事(ただし、毎月5200円も払わないと本文は読めない))
 また、朝日社説に対する法学的(?)反論は朝日のクローン論説(1月24日)はどこがダメか朝日のクローン論説(1月24日)はどこがダメか へ。また、その後の加藤氏の議論はクローンについて盛永反論への反論
    僕はさう云ふ点になると西洋人より昔しの日本人の方が余程えらいと思ふ。西洋人のやり方は積極的積極的と云って近頃大分流行るが、あれは大なる欠点を持って居るよ。第一積極的と云ったって際限がない話だ。いつ迄積極的にやり通したって、満足と云ふ域とか完全と云ふ境にいけるものぢやない。向に檜があるだらう。あれが目障りになるから取り払ふ。と其向ふ下宿屋がまた邪魔になる。下宿屋を退去させると、其次の家が癪に触る。どこ迄行っても際限のない話しさ。西洋人の遣り口はみんな是さ。。。。西洋の文明は積極的、進取的かも知れないがつまり不満足で一生をくらす人の作った文明さ。日本の文明は自分以外の状態を変化させて満足を求めるものぢやない。西洋と大に違ふ所は、根本的に周囲の境遇は動かすべからざるものと云ふ一大仮定の下に発達して居るのだ。
    夏目漱石(吾輩は猫である


人間の尊厳とクローン人間(目次)

 

 
ホーム(生命を考える)へ テーマ別入り口 生命とリズム 人間社会の未来 前ページへ メール頂戴ね