温室効果ガスの制御と利用に関する国際会議「GGAA2010」の開催を2年後に控えて、同会議発祥の地「帯広」で2008年6月27日(金)に、GGAA国際プレシンポジウム「地球温暖化防止と持続的農業を考える国際シンポジウム」を開催することになりました。

GGAA国際プレシンポジウム
会議日時:2008年6月27日(金)13:30〜16:00
会議場所:帯広市とかちプラザ

 レインボーホール洞爺湖サミットが10日後に迫った時期の本シンポジウムの開催は、GGAA国際会議の足跡、第4回GGAA国際会議を世界にアピールする絶好の機会であります。
今回のシンポジウムには、次回開催が有力視されているカナダの研究者と、韓国の研究者から最先端の研究についてご講演いただく予定であり、世界的な研究者と交流ができるまたとない貴重な機会です。
GGAA/Greenhouse Gases and Animal Agriculture「畜産における温室効果ガスの抑制と利用に関する国際会議」は、帯広畜産大学とオーストラリア・クイーンズランド大学の学術交流がきっかけで、2001年に帯広畜産大学が中心となり始まった帯広発祥の国際学会です。
2001年帯広開催を皮切りに、2005年の第2回はスイス・チューリッヒ、第3回は2007年にニュージーランド・クライストチャーチで開催されてきました。
次回GGAAは、カナダ国立農業試験場の主催により2010年にカナダ・バンフで開催されます。

実行委員長:高橋潤一(帯広畜産大学大学院)
実行副委員長:梅津一孝(帯広畜産大学大学院)
事務局長:菊池貞雄(北海道バイオマスリサーチ株式会社)




Pre-symposium of GGAA


International symposium on abatement on global warming and sustainable agriculture- Welcome

On behalf of the pre-GGAA organizing committee we would like to warmly invite all those who are interested in the topic of global warming and sustainable agriculture to participate in International Pre-symposium of GGAA towards GGAA2010 to be held in Obihiro, Japan on 27 June 2008 inviting international scientists from Canada, Korea and Japan. Obihiro is the cradle of GGAA based on the joint project on Greenhouse gases and Animal Agriculture between Obihiro University of Agriculture and Veterinary Medicine and The University Queensland. The 1st GGAA was held at Obihiro, Japan, the 2nd at Zurich, Switzerland in 2005 and the 3rd at Christchurch, New Zealand in 2007. The next GGAA will be held at Banff, Canada in 2010.

Symposium convey
Prof. Junichi Takahashi
President GGAA
Obihiro University of Agriculture and Veterinary Medicine.

Vice-convey
Prof. Kazutaka Umetsu
Obihiro University of Agriculture and Veterinary Medicine

Secretary General
Mr. Sadao Kikuchi
Tokachi Bio-Research, Co.Ltd.


◆GGAA国際プレシンポジウム「地球温暖化防止と持続的農業を考える国際シンポジウム」(案)を見る◆
(PDF 185K)



◇ 講 演 者 紹 介 ◇


 
↑PAGE TOP